2012-10-31

Watercolour & ink drawings

前項に引き続き、オープンアトリエで展示をした作品についてです。
展示内容は大きく分けて3つのセクションに分けました。水彩水墨ドローイング、キャンバスペインティング、アイディアドローイングの3つです。
今回は水彩水墨ドローイングについて。












水彩絵の具と墨を使っているので水彩水墨ドローイング。(もうちょっと良い言い方ないだろうか?)
この一連のシリーズはかなり入り込んで楽しく描く事が出来ました。
滲みの完全にコントロール出来ないところに惹かれています。前に書道をやっていたせいか、墨とはかなり相性が良いように感じます。

















なぜ顔が動物なのか?オープンアトリエでも良く聞かれました。
私にとって擬人化はとても身近な表現でした。小さい頃親しんでいた絵本やアニメもそうでした。
想像力膨らむ擬人化は時として自分自身を投影できるときもあれば身近な誰かを投影できました。
個人が特定できるような人の顔よりも、人の美醜の範疇に納まらない顔を描きたいと思っています。

また、このシリーズでは表情を描いてみたいと思いました。というのも、今まであまり表情のある顔を描いてこなかったのです。表情から私達は感情や意味を読み取ろうとします。その表情に感情が、意味があろうとなかろうとです。






オープンアトリエ内での私の展示は”The Birth”というタイトルにしました。
この展示以前から(作品を作り始めたときから)、私にとって女性性は作品制作においてとてもインスパイアされるものです。産む性への謎や疑問、尊敬の念があります。


今後、発展させていきたいシリーズです。




I'd like to write about Open Studio that I mentioned in the previous article again.
I divided my exhibition into 3 sections, watercolour and ink drawings, canvas paintings, and idea drawings.
I'll write about watercolour and ink drawings today.


I said "watercolour and ink drawings" because I use both. (I'm wondering if there's any better way to say this style?)
This series of drawings are very enjoyable for me. I was absorbed into them.
What I'm attracted by is the uncontrollable blur. I feel I'm compatible with Japanese ink (Sumi) because I used to learn calligraphy.


Why do they have animal faces? I was often asked the question.
For me, personated figures have been very familiar. I enjoyed picture books and animations that they appeared when I was a kid.
I think they stir our imaginations. In imagination, I could see myself or other familiar people in them.
I'd like to draw the faces of nobody, and even that we can not judge the looks by our measures.


In addition, I wanted to draw facial expressions in these drawings. Actually I didn't do it much for long time, but now I'm interested in it. We try to read something from facial expressions even if there is nothing.


I titled "The Birth" for my exhibition in Open Studio.
Since I started making works, the female sex has been very inspiring for me. I feel mystery, questions, and respect for it.


I'm thinking to develop the series of this drawings.


2012-10-29

Open Studio "Birthday"

今月10/12-14まで、オープンアトリエがありました。2012年春からアトリエとして使用を開始したビルの誕生を祝う、というような意味で”BirthDay”というイベント名になりました。
人生で初めて自分でアトリエを借り、そのアトリエ内のメンバーとともに作り上げたイベントでした。

お友達、作家仲間、お世話になっているギャラリーの方、家族など沢山の方々にお越し頂き感謝しています!

私は、実際に制作スペースとして使用している部屋にて新作の展示を行いました。
すべてアトリエを借りてから出来た作品です。
展示名は”The Birth”。イベント名に因んだのと、アトリエで新しく産まれた作品という意味と、出産という意味を込めています。











学生以来の皆と協力して何かを作るという感覚。すっかり忘れていて戸惑いもありましたが、準備期間とイベント3日間を通して他の入居者の作品や人柄を良く知ることができ、有意義に過ごすことが出来ました。

また、まだまだ未熟で誰にも見せていなかった作品の数々を展示することに対して抵抗がありましたが、いろいろな方からご感想を頂き、今後の展望が少しずつ見えてきそうです(作品についてはまた後日書こうと思います・・・)。

展示をするとなぜか一区切りついた気分になってしまい展示前と同じことをしようとしてもしっくりきません。作品を深めるチャンスだと思って次にどう進むべきか、どうアクションすべきか、今一度誠実に自分に向き合っています。

年内にもう一踏ん張り、良い作品を作りたいと思っています。

(アトリエビルのHP→ http://install-bldg.weebly.com/ )





I joined Open Studio during 12-14.Oct. The name of the event was "BirthDay" which meant celebrating the birthday of the studio building born in this spring.
It was the first time for me to rent my own studio and to have Open Studio with other members in there.

I was very happy that many guests including my friends, family, artists, gallerist visited the event. I appreciate it.

I showed my works in the room where I normally work and they are all painted in the room.
The name of exhibition of my room was "The Birth" related to the name of Open Studio "BirthDay", and my works that were "born" in my room. Also there is the meaning of "Giving birth" that I often take in my expression.



I have totally forgotten about the sense of making something with mates because I hadn't done it since I graduated uni. I was uncomfortable with it, but in the end I enjoyed a lot through Open Studio to know other members and their works.

At the beginning, I was not positive to show my immature works that I hadn't showed anyone. But  I received many comments from my guests and now I'm feeling I can paint something new from now on based on the works in the event. (I think I'll write about my works later...)

Whenever I finish exhibitions, I feel like taking a break. I try to do the same thing before them, but it never goes well. I'll take it the chance to develop my works and go to the next stage, so I'm facing myself and think what to do for it.